安定を求めるスワップ目的のFX

FX取引につきましては、ギャンブル性を求める方も多いです。その考え方は間違っているとは言えません。レバレッジというものがあるからです。少ないお金で大きな取引ができるのがFX取引の特に大きなものになっているからです。そのメリットを生かした考え方もあります。しかし、全く逆の考え方もあります。FX取引なのですが、安定性を求めたような取引もできるようになっているのです。そういった取引穂法もあるのが大きな強みともなっています。すぐに稼がなくてもよいと思っている方は、その安定性のある取引についてチェックしてみるといいのではないでしょうか。すぐに儲けが必要でない方は、安定性重視の取引を行っていきましょう。では、FX取引の安定性重視の取引なのですが、スワップというものを利用したものです。スワップとは金利差の事を意味しています。そもそも、それぞれの為替には金利というものが存在しています。日本の金利はこれでもかというほど低いです。ゼロ金利政策というようなことも言われているのです。なかなか、金利というものでは期待が持てる通貨ではありません。


しかし、これが功を奏することがあるのです。それがFX取引のスワップ目的の取引です。日本円は特に金利が低いといいましたが、世界としましては金利が高い為替もあります。有名なところですと、オーストラリアドルや、南アフリカランドです。これらの金利はかなり高くなっています。


そして日本円のような金利が低い通貨を用いまして、金利が高いオーストラリアドルや、南アフリカランドを購入して保持するとします。そうしますと、それらの金利差分の金利をいただけるようになる、というシステムがFX取引にはあるのです。具体的に申しますと、日本円の金利が0.5パーセントでオーストラリアドルが5.0パーセントだとします。その時の計算方法は、5.0パーセントから0.5パーセントを引いた4.5パーセントがいただける金利となるのです。ですので仮に1年間保持したとしますと、年利で4.5パーセントがいただけるようになるというシステムになっています。また、何も1年間保持していく必要もありません。日割り計算されますので、1日や2日持ったとしてもその分の金利がいただけるようになっているというわけです。以上のような金利差に注目したスワップ目的のFX取引なのですが、安定性をしっかりと考えまして行っていきましょう。FX取引で大きな損をしないようにするためにも重要な考え方です。